【介護保険ではない訪問鍼灸マッサージの強みとは?】

90代女性 調布市・入間町在住

良性発作性頭位めまい症による眩暈と、腰椎椎体骨折後に背中が痛むことで夜間に眠ることができないとQOOL仙川マッサージルームへ依頼がありました。

ご本人から歩行練習の希望もあったためマッサージ+ストレッチ+機能訓練を週2回で開始しました。
開始より2か月で歩行がスムーズになり背中の痛みも消失したことで一度終了となりましたが、2か月後に背中の痛みが再発したことで再度マッサージの希望がありました。

現在は週1回で背中のマッサージを中心に施術を再開し背中の痛みは緩和していますが、今後もその都度、様子を伺いながら施術をしていきます。


一度消失した症状も根本的な要因(普段の姿勢や生活習慣等)が治っていないと再発をします。
治療時間の中で根本的な要因を解決することは簡単ではありませんが、私達の強みは医療保険を活用し、継続して治療が出来ることです。介護保険のように点数内でメニューを組み立てる必要性が無いので、本当に必要な時に治療を再開出来ます。

必要の無い期間、ずっと治療を続ける必要性はありませんが、症状が再発した時に頼りにしてもらえるような関係性を続けていくことが、鍼灸マッサージ師が行う訪問鍼灸の一番の強みになるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です