【ラポールを形成する】

【ラポール形成】という言葉をご存知でしょうか?

「ラポール」はフランス語で「架け橋」を意味します。
ラポール形成とは相手(患者さん・ご家族・介護士・ケアマネジャー・ドクターなど)と心と心でつながり、お互いの内面的な関性を築くことをいいます。

90代・女性 調布市入間町在住

お試しマッサージの際に両変形性膝関節症・胸椎圧迫骨折と腰椎圧迫骨折後の後遺症により右膝・右腰に痛みがあるため「長時間立っていることが難しい」とご本人よりお話しがありました。

全身のマッサージを中心にストレッチを加えて施術を開始致しました。

2か月後に腰の痛みは改善しましたが、膝の痛みの症状は続いてる状態でした。
最近では腫れも出ていたため施設の方へ症状をお伝えしたところ、次回の主治医往診の際にレントゲンを撮影する流れになりました。

現在は診断結果待ちの状態のため患部の施術は避けてマッサージと足趾の運動を行っています。
今後も患者さんの状態に合わせた施術を行ってまいります。

患者さんの周りでサポートをしている方々と情報共有を行うことで症状の原因や、患者さん・ご家族の要望が見えてくることが非常に多いです。

QOOL仙川マッサージルームでは、一人ひとりの異なっている考え方のすり合わせを行い、患者さんを通してラポールを形成し、目の前の患者さんにとってベストな治療方法を検討していくことが大事だと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です