言葉の裏側にある本当の望みを知る

90代女性 調布入間町在住


腰椎圧迫骨折後の腰の痛み右脇の痛みが残っており弊社へ依頼がありました。
初めて伺った際に、『痛みを取るだけでなく筋力を取り戻したい』との要望があった為、週2回、マッサージ+座位でのエクササイズをメインに施術を開始しました。


2か月後、腰椎圧迫骨折の後遺症による腰・右脇の痛みは消失しましたが、立っておこなう日常動作を避けていたことになる下肢の筋力低下・右足趾の痛みの訴えがあるため、現在は下肢を中心にマッサージ+ストレッチを実施しています。
今後、段階的にベット上での運動やエクササイズを取り入れ施術を行う予定です。

 

この方の最初の要望である『痛みとりたい・筋力を取り戻したい』という言葉から訪問マッサージ・機能訓練を開始しましたが、痛みの症状が治まってくると『立って日常生活を不便なく行えるようになりたい』という本当の望みが見えてきました。

このように、最初に伺った時と症状が緩和してきた時の要望が変わることはありますが、実は根底の所は変わっていません。

痛みを取り、筋力を取り戻して、これまでと同じように日常生活を送れるようになりたい。

この気持ちを汲み取って、サポートする事で患者さん本来の目標に寄り添ったケアを心掛けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です