スタッフの声 ~衛藤詩織~

『人と人との繋がりを大事にしながら患者さんの支援をしていきたいです』

– 衛藤 詩織


衛藤詩織は現在QOOLで唯一鍼灸あん摩マッサージ師ではありません。
歯科衛生士の資格を所持しつつ一般企業に勤めていましたが、偶然QOOLで出会いました。
その時、牧野代表の話を聞いて、より人と人との繋がりを間近で感じられる会社だと思い入社を決意。
治療家集団の中で、どのように仕事を進めているのか話しを聞きました。


【QOOLに入社を決めたきっかけは?】

-前職はいわゆる一般企業に勤めていました。元々人と関わることが好きなんです。前職では接客から事務作業などを行っていました。もちろん、人と関わる機会は多かったですが、その場限りの対応で本当の意味で「人」を感じる機会が少なかったんです。そんな時にQOOLの存在を知りました。

「治療というのは1回だけではなく、1年を通してその方の人生に向き合う。」

代表からそんな話を聞き、人と人との繋がりを大事にしながら患者さんの支援ができればと思い、入社を決めました。-


【これまでの職場との1番の違いは何ですか?】

自己決定をする場面が多くあることです。

前職はしっかりした業務マニュアルがあり、良くも悪くもその通りに仕事をこなしていれば仕事が成り立っていました。

その点QOOLは私が入社した時は会社が出来て3年目で、私の決まった仕事は無く、自分自身の仕事を探す事から始まりました。
全ては初体験の事ばかりで戸惑う毎日でしたが、多くの経験をさせてもらっています。-



【入社して良かったと思うことは?】

資格の取得ができることや新たな挑戦ができることですね。

QOOLで私は訪問治療の営業と事務作業をメインに任されていますが、鍼灸マッサージ師でもなければ飛び込み営業もしたことがありません。そんな中で入社後に介護の現場に立つ機会をもらったり、営業の仕方を学んだり、介護レクレーションという資格を取らせてもらいました。

私自身新しいことを学ぶことがとても楽しく、いろんな刺激をもらっています。

他には、これまでスポーツに縁のない生活を送ってきましたが、QOOLではオリンピック選手をサポートしていたり、実際にアスリートの方々がケアに来るので、以前よりスポーツに興味を持つようになりました。

スタッフとスポーツ観戦に行ったりするのも、新鮮で楽しいです。-


【会社入社後スキルアップしたと思う点はどんなところですか?】

-自主性が磨かれたと思っています。入社当初は自分に仕事が無いので、頼まれた仕事は全て『出来ます!』と言って引き受けていました。

そうすると、これまでやったことのない仕事をどんどん任されます。そうするとどんどん仕事量が多くなってきてパンクしてしまう。

その度に軌道修正が必要になってきますが、「やる」も「やらない」も自分次第。私はまだ「やらない」を決めるのが苦手ですが、自主性を持ってやると決めた事は出来るように日々奮闘中です。-


【自分の強みはどんなところですか?それをどう会社に活かしていきたいですか?】

-振り返ってみると私は一度にたくさんの作業をこなせるようなマルチタスク型ではなく、1つ1つの出来事に向き合うことができる一点集中型なんです。

だから、患者さんと接するとその人がどうすれば幸せになるか?を損得なしで考えてしまいます。
なので患者さんが増えていくと、今でもパンクしそうになりますが(笑)

そんな自分の性格を活かして患者さんはもちろんご家族や施設の方々との信頼関係を構築していければと思います。-


【これから会社の中でやっていきたいことは?】

-私は営業をしている事もあり、多くの他職種の方と話す機会があります。

QOOLで仕事を始めて1人の患者さんの周りにはご家族だけでなく、ドクター・社会福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・施設職員など、とても多くの人のサポートがあって初めて成り立っていることを知ることができました。

患者さんの生活をより良くしようと思った時、QOOLの訪問治療だけやっていれば良い、というものではありません。

なので私は、他職種の方と連携を更に強化していき、他の治療院とは違う形で患者さんの生活をサポートしていくお手伝いが出来たらと思っています。-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。