訪問マッサージの効果②

調布市深大寺 70歳 女性

脳梗塞の後遺症で左半身に麻痺があり、特に左手の指が動かすことが難しく他動で動かそうとすると痛みがある状態でした。

左手の指を動かせるようになって食事の際にお皿を持てるようになりたいとの事で、目標達成のために週に1度、麻痺側の施術を実施しました。

開始して1ヶ月半ほどで、親指と人差し指の開きが改善されきました。まだモノを握って持つ事は出来ませんが、引き続き左上肢を中心に施術を行っていき、食事の際にお皿を持てるようになってもらいたいと思います。

 

「自分でお皿を持つ」

できる人にとっては気にもならない日常かもしれません。
しかし、出来ないようになって初めて「もう一度こうなりたい」という気持ちが生まれてきます。

QOOL仙川マッサージルームでは、目標の大小をこちらで判断しません。
どんな目標でも、その方にとっては達成したい目標だという事を念頭に置きながら出来る事をサポートしていきます。

訪問マッサージの効果として、継続していく事でマヒや拘縮が100%無くなった事例は弊社ではまだありません。
しかし、継続して治療を受ける事で出来る事は増えた人は沢山いらっしゃいます。

 

もし、日常の中で出来なくなったことが増えた・自分にはもう出来ない、とあきらめている方がいらっしゃいましたら是非一度ご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です