【訪問鍼灸マッサージ業の需要】

1月17日のニュースで子供の教育を主戦場とする学研ホールディングスが介護施設を増設するとのニュースが出ていました。

学研ホールディングス…2030年度を目途に介護施設490→1000施設へ増設

 

それだけ、高齢者の福祉介護は「ビジネスの分野」として、可能性があるのではないでしょうか?

すなわち、人手を必要とされている分野であり、私達鍼灸マッサージ師にとっても今後避けては通れなくなると感じています。
これまで整骨院や治療院で、自費治療のみを担当してきた方も、「フレイル」「ロコモティブシンドローム」など、高齢者に関わるキーワードを勉強して、適切な対応が出来る事が求められます。

QOOL仙川マッサージルームでは、2018年から訪問鍼灸マッサージ業を行っており、年々沢山の新規ご依頼を頂いています。
毎年右肩上がりで新規ご依頼を頂き、2022年は1月だけで2018年度の問い合わせ数を越えました。

まだまだ必要として下さる声が多く、日々生きがいを感じながら仕事させてもらっています。

QOOL仙川マッサージルームでは、歩行訓練や立ち上がり動作などの機能訓練に力を入れており、日常生活を笑顔で送ることが出来るようサポートしています。

鍼灸師・マッサージ師の皆さん、興味がある方は是非一度話を聞きに来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です