【訪問マッサージの需要】

QOOL仙川マッサージルームは5年目を迎え、これまでの新規訪問マッサージの依頼数をまとめました。

2020年はコロナウイルスの影響で一時新規依頼をストップしていましたが、再開後から大幅に依頼数が増え2022年には3年前の約2倍の依頼数が予想されます。

2025年には後期高齢者数が大幅に増えることが確実視されており、訪問鍼灸マッサージの分野は更なる需要が見込まれます。
訪問医の活躍が増える中で、マッサージ業も治療院に来てもらうのではなく、こちらが患者さんの元に伺って施術を行う、というスタイルがベーシックになっていくかもしれません。

しかし、鍼灸の専門学校では治療のやり方は学ぶものの、訪問鍼灸マッサージの流れ・同意書の申請方法・レセプト作業・ドクターとのやり取りなど、必須な知識やスキルを学ぶことが出来ません。

鍼灸あん摩マッサージ師の方が今後訪問鍼灸マッサージ業を始めようと思った時は、実際に業務を行っている治療院・個人の方から一連の流れを指導してもらう必要があります。

QOOL仙川マッサージルームでは、豊富な実績と確かな経験を元に、訪問鍼灸マッサージ業を行うスタッフの育成に力を入れています。

高齢化社会の中で、社会インフラとなるよう鍼灸あん摩マッサージの存在を確立していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です