【訪問鍼灸マッサージの療養費が12月より変わります】

11月25日に厚生労働省のHPで訪問鍼灸マッサージの療養改正のお知らせが記載されました。

はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師 の施術に係る療養費の支給について(厚生労働省HPより抜粋)

QOOLが2018年4月から訪問鍼灸事業を始めて2年9か月経ちますが、2度目の療養費改正です。金額の数字変更点はさておき、大きな流れとして2点。

●1回の治療あたりの施術単価が上がる(特に変形徒手矯正術)

➞マッサージ師による変形性関節に対する施術の評価が上がって、在宅での役割が増える。

●4㎞以内の往療費が上がり、それ以上の往療費が下がる

➞治療院の近くにいる患者さんへの訪問を推奨される。往療費で稼ごうとする治療院はNG。

今の時代の流れに沿った変更だと思います。治療院の近くで困っている人の力になるという事はQOOLを設立した当初からの会社理念です。

制度を正しく理解して、これからも社会に貢献できる会社にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です