アスリートは2度、死ぬ

久しぶりの投稿ですが、過激なタイトルになってしまいました。

現在、QOOLはスポーツトレーナー事業の他に、訪問鍼灸マッサージ事業も行っています。

今までスポーツの世界でどっぷり生きてきたのですが、会社を始めて2年半。

改めて思う事があります。

【人は死ぬ】

特に現役のアスリートには当たり前の事のようで、しばし忘れてしまう事実のように感じます。

私は会社を設立してから、関わってきた患者さんが3名亡くなりました。

人は死ぬのです。

アスリートにとっての死。

それは現役引退ではないかと思います。

引退間際のアスリートに対して、私達の仕事は高齢者への延命治療と同じだと思っています。

本人に生きる意志があるなら、あらゆる手段を尽くして何とか生き永らえてもらう。

そのサポートが出来るようになる為には、こちら側に気力・体力・最新の知識・治療技術・精神力が必要です。

もし、客観的に延命の見込みがないと思っても、本人が生きたいと切に願うのであれば、最後の最後まで尽力します。絶対にあきらめません。

治療のかいあって奇跡的回復を果たす方も大勢いらっしゃいます。

それはとても嬉しい事です。全てが報われた気持ちになります。

それでもいつかは必ず死にます。

そんな時に、出来る限り笑って最期を迎えられるようにしてあげたい。

そんな最期をこちらも笑顔で送りだせるように、選手と本気で向き合っていきたいと思います。

アスリートの場合は、選手生命が終わっても第2の人生が待っています。

第2の人生も、最期を一緒に闘った同士として、関わりを持ち一緒に仕事していく事が出来たら最高に幸せです。

*写真はスポーツ合宿中のケアルームの風景です。鍼やマッサージだけでなく、あらゆる物理療法機器を駆使して選手のサポートに臨みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です