【脳腸相関とは】

こんにちは津島です。
今回は「脳腸相関」について紹介します。

脳と腸はリンクしているのはご存知でしょうか?
副交感神経が優位になっている時は内臓が働きますが、交感神経が優位な時は内臓は休憩をしています。そのためストレスを感じている人は便秘や下痢になりやすく腸内環境が悪くなってしまいます。

腸内環境が悪いとセロトニン(幸せを感じるホルモン)が減り、精神が不安定になります。
感情のコントロールがうまくいかない人は腸内環境が乱れているかもしれません。

鍼やマッサージで身体のケアをする事で心身共にリラックスされ、施術中に腸の動きを実感できます。

6月よりフェイスコンディショニングコースが始まります。表情筋や頭皮を刺激する事で副交感神経が優位になり、脳も身体もリラックスする状態を感じる事ができます。


身体の疲労だけでなく内臓の不調でお悩みの方はQOOL仙川マッサージルームへ一度お越しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です