【介護現場でのチームビルディング】


本日株式会社The Stadiumが主催するオンライントークショーでチームビルディングについてのお話しがありました。
その中で

「目的・目標はもちろん、プロセスも共有していく」

「自分自身の目で状況を知る。」

「様々な立場の方の意見を聞く」

という話があり、仕事をする上でとても共感できるお話しを聞くことができました。

スポーツの現場では、監督・コーチの指導方針を理解した上でサポートしていく。
治療院では、患者さんの身体の情報をカルテで共有してサポートしていく。

しかし、訪問治療の分野では、まだ弊社はチームビルディングが上手く機能させる事ができていません。
患者さんにとってベストなマッサージのタイミング・回数・内容をお伝えしてもヘルパーの方のサポートとタイミングがかぶってしまい出来ない。
機能訓練をしてもらいたいのに、危ないからと施設内ではマッサージのみに制限される。
ドクターの同意書がもらえず、治療がスタートできない。

そんなジレンマを抱えています。もちろん自分達のやりたい事を相手側に押し付けるのではなく、サポートする側が全員で情報を共有しながら、ベストな選択肢を出来る環境を整えていく事が、介護現場でのチームビルディングではないかと思います。

患者さんを中心に、チームで支えていく組織を目指して現在協力してくださる方々と協議しています。

自分達の利益や施設の都合ではなく、『本当に患者さんの為になるのか?』という事を第一にチームビルディングを構築していけたらと思っています。

私たちは『手』を通して、社会に笑顔が増えるようこれからも活動していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事