医療従事者としての覚悟

4月13日に東京都緊急事態措置に対する休止要請の施設一覧が発表されました。

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/1007679.html

 

私たち鍼灸あん摩マッサージ指圧師が治療を行う治療院は病院・診療所・薬局などと同じ【医療施設】のカテゴリーで、社会生活を維持するうえで必要な施設として休止要請の対象外となっています。

一方、エステサロンは休止要請の対象です。

 

何が違うのか?

国家資格を取得していて、医療従事者として施術を行う事ができるからです。

かといって、私たちにも感染するリスク・感染させるリスクがもちろんあります。

十分に予防をしていても、コロナウイルスに感染する可能性があります。

それでも、私たちは困っている人や必要とされている人がいる限り細心の注意を払いながら治療を行います。

 

お休みしている治療院もあります。逆に営業しているエステサロン・リラクゼーションもあります。

みんなそれぞれの考え抜いた結果での行動だと思います。

私たちは【営業する】という選択をしました。もちろんこれから変更の可能性もあります。

このパンデミックと呼ばれる事態が一日でも早く終息することを願いながら、今日も皆さんの笑顔を守る為に働きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

訪問治療 治療事例

次の記事

訪問治療 治療事例