オリンピック種目の新たな発見

新型コロナウイルスの影響で東京オリンピック・パラリンピックが延期になりましたね。

これを機にもう一度実施されるスポーツや種目など調べてみてはいかがでしょうか。

正直なところ私(豊増)は気になり、調べてみると東京オリンピックでは、史上最多の33競技・339種目が行なわれると知り、驚きました。

多くの種目が実施されるんだな、と率直に思ったと同時にどんな種目があるのだろう、と興味も沸きました。

その中でも、馬と一体になって行う馬術は、ヒトだけの力ではどうにもならない他とは異なる競技でしたので興味を持ち、調べてみました。

すると面白い発見があったので、共有させて下さい。

〇馬はどのように移動するのか?
→馬も飛行機に乗って輸送されるそうです

馬が飛行機に乗る時、外国へ行くときヒトと同じようにパスポートが必要だそうです
これにはとても驚きました!
馬にもパスポートがあるんですね。

そのパスポートには、ヒトと同じように
・馬の名前
・所有者名
・住所
・馬の特徴(毛色や白斑など)
・ワクチン接種歴
・薬物検査の記録
・馬に埋め込まれているマイクロチップナンバーなど
馬にマイクロチップが埋め込まれていることにも驚きました。

また、パスポートに不正や携行しない場合は、競技に出場できないそうです。

まさか馬にパスポートが存在し、馬の個体識別や健康・衛生状態の確認に利用されているとは、思いませんでした。

この不要不急の外出の自粛期間に、オリンピックの競技や種目、または、今まで興味があったけども調べていなかったこと、読もうと思って買ったけどまだ読んでいない本(←私、いっぱいあります)に時間を費やしてみてはいかがでしょうか。

新たな発見があるかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です