【ヤングケアラー】

皆さんはヤングケアラーという言葉を聞いた事がありますか?

◇ヤングケアラー

 慢性的な病気や障害、精神的な問題などを抱える家族の介護や世話をしている子ども。日本に公式な定義はないが、家族を介護する人たちを支援する日本ケアラー連盟は「大人が担うようなケアの責任を引き受け、家事や家族の世話、介護、感情面のサポートなどを行っている18歳未満の子ども」と位置づけ、支援を訴えている。

私は初めて耳にしましたが、3/21のニュースにヤングケアラーに関するニュースを見て、10代で生活の中で介護に関わる子供が約3万7000人いる事を知り衝撃を受けました。

<ヤングケアラー~幼き介護>「家族を介護する10代」全国に3万7100人 負担重く、学校生活や進路にも影響

介護は大人でも心身共に疲弊します。まして自分の生活もままならない10代のこどもが学校に通いながら介護をするという事はとても大変な事だと思います。

今回この記事を目にして、私たちが出来る事は無いか非常に考えさせられました。一人でも多くの人が笑顔で生活できるようになるためには何をすべきか。

考え行動していきたいと思います。

一般社団法人 日本ケアラー連盟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

スポーツ鍼灸のQ&A