【サルコペニア】

“サルコペニア“は、
『サルコ(sarco)』=筋肉 + 『ぺニア(penia)』=喪失 

を合わせた造語です。この言葉は

●加齢や疾患により、筋肉量が減少することで全身の「筋力低下が起こること」または、歩くスピードが遅くなる、杖や手すりが必要になるなど、「身体機能の低下が起こること」とされています。

サルコペニアの原因として
①加齢
②様々な疾患
③活動量の低下
④栄養不足

の4つが挙げられています。

私たち鍼灸師は、主に②の様々な疾患から出来る事を見定めて、③の活動量の低下をカバーします。マッサージや鍼灸治療の他に、歩行訓練や関節運動を行い、一人ではできないような運動のサポートが行えます。

 

◎代表的なサルコペニアの評価方法(パフォーマンステスト)

①指輪っかテスト
②開眼片脚立位テスト 5㎝程あしをあげて立つ 8秒未満だとサルコペニアの疑い
③5回椅子立ち座りテスト 10秒以上かかった場合 サルコペニアの疑い

サルコペニアの判定=3つのテスト中、2つ以上該当

  ◎セルフでできるテスト
指輪っかテスト *隙間ができている場合は、ふくらはぎの筋量だけでなく、相対的に全体の筋量が低下していることと認識をすることが大事

サルコペニアチェックテスト

京王線・仙川駅でマッサージ・鍼治療をご希望の方は一度お問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です