【健康の定義とは?】

皆さんが健康とはと聞かれたら「五体満足な状態や認知機能が適切な状態」を想像するのではないでしょうか?

 

では、身体が不自由で認知機能が低下した人はすべて不幸な人だと思いますか?

私たちは仕事を通して、身体が不自由になったり認知機能が低下した人と接してきましたが、その人たちが必ずしも不幸だとは感じていません。

その方々は自分が出来る範囲を理解した上で、出来る事をやろうとしています。ご家族も理解した上でできる事をやらせてあげたいと思っています。

 

その中に不幸という言葉はなく、「どうしたらアレが出来るかな?」「こうすればコレも出来るかもしれない」と日々意欲的にチャレンジしています。
チャレンジしている時の表情は明るく生き生きとしています。

私たちは『自分の能力を知り、自分らしく生きる事が健康である』という事を患者さんに伝えながら、その患者さんに寄り添ったサポートしていきたいと思っています。

そのためには、その人が「何を求めているのか?」を考え、「その求めていることを達成するために何が必要なのか?」を一緒に考えていきます。
何が必要かわかったら、達成するために生活の中で出来る事をお伝えしています。私たちが治療で伺える時間は限られているので、いない時にどのように生活してもらうか?

この時間の過ごし方がその方にとって一番大事になります。

 

「やってあげる。」「してもらう。」

 

こんな共依存関係を築くのではなく、補って、支えていく事が私たち鍼灸マッサージ師の目指すべき姿だと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です