訪問治療 治療事例紹介③

80代女性 三鷹市新川在住 2年前に脳梗塞を発症。

上肢・下肢ともに関節拘縮が強く、股関節が伸びない状態でパット替えが困難なため、改善したいとの希望がありマッサージを開始。週2回のリハビリに週3回のマッサージと機能訓練をプラスして、毎日股関節を動かすことを継続していると、開始2か月頃から仰向けの姿勢では少しずつ股関節が伸びるようになってきた。現在仰向けで股関節回りにクッションを置いて拘縮の予防と可動域改善を目的に治療を継続中。

一度拘縮してしまうと、関節が元通りに戻るのは難しいですが進行を遅らせる事ができ、少しずつ関節可動域の改善が見られます。少しの改善で患者さん本人も介護する家族も日常生活がぐっとラクになります。現状を「しょうがない」で終わらせず、一度ご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

珍治療法!?