訪問治療 治療事例紹介①

40代女性 調布市仙川町在住 1年前に脳梗塞で左手の温・冷・痛覚の全てを消失。握力は異常なし。少しでも倒れる前の状態に戻したいとの事で頚肩部~上肢にかけて週2回の鍼灸治療を実施。

治療を始めて2か月経った頃から本人の自覚症状で感覚神経が次第に回復してきており、5か月経った頃には鍼灸治療後3日程度は感覚の冷感以外は復活したと大変喜んでいます。

このように、鍼灸治療は痛みやマヒの改善だけでなく、温感・冷感・痛覚等の感覚の消失にも効果がある事があります。

患者さん本人も半ばあきらめていましたが、それでも【どうにかして倒れる前の状態に少しでも戻したい】という本人の強い意志があり、今回の治療結果に至っています。

患者さん一人ひとりの症状に対して真剣に向き合い、スタッフ同士で改善策を考えて実践していきます。

全ては患者さんの【こうありたい】を実現するために。

もし、現状を変えたいけど何をすればいいかわからない、という方は一度ご連絡下さい!

鍼灸治療・マッサージ治療の他にも機能訓練や歩行訓練等も行い、患者さん本人が望む目標へ少しでも近づくお手伝いが出来ればと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です